今年、初めてふるさと納税してみたいママへ

Sponsored Links

<ふるさと納税>

今年もふるさと納税をしました♪

納税額12,000円で
鶏肉9キロ♪♪

まだ食べきれてないけど
何を作るかはほぼ決まってます(笑)

ところで

実は
まだ「ふるさと納税」をしたことがないママ友が私の周りにはいます。

それって
もったいな~~い!!

mottainai!!

モッタイナイ!!

と、私は思うんです。

どうせ支払う税金なんだから

お得に

楽しく

ルンルン気分で支払っちゃいましょう♪♪

ということで
今年こそは「ふるさと納税」チャレンジしてみよう♪

「ふるさと納税」してるママさんは
おすすめなんかあれば
ぜひぜひ教えてね♪

では
今回はふるさと納税についてです☆

<納税額12,000円で鶏肉9キロ>

今回のふるさと納税は
宮崎県児湯郡木城町にふるさと納税しました。

ふるさと納税は
自分が住んでいる場所以外にも
どこの場所にも納税が可能です♪

そして「ふるさと納税」の素敵なところは
ふるさと納税に対して「お礼」があること。

今回の「お礼」は
鶏肉が9キロでした。

ボリューム満点!

鶏肉9キロの内訳は

・手羽元 合計3.5キロ
1キロ×2袋
1.5キロ×1袋

・鶏むね 合計3.5キロ
1キロ×2袋
1.5キロ×1袋

・鶏もも 合計2キロ
1キロ×2袋

これだけの量が
冷凍で届きました♪

我が家は中学生1人に
小学生2人。

この量の鶏肉、消費については心配なし!(笑)

さて、ここで1つ問題なのは
冷凍庫に入るか!?ということ。

9キロ分。
かなり場所をとります。

こんなときは、ふるさと納税する前に
しっかり冷凍庫にはスペースを作っておく必要がありますよね☆

では
ふるさと納税って

まずは、どうやったらいいのかな?

<ふるさと納税はどうやったらいいの?>

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用:総務省「ふるさと納税ポータブルサイト」より

 

—————
簡単に解釈すると
自分の応援したい自治体や
「お礼」が魅力的な自治体に寄付する

寄付すると「お礼」がもらえる

しかも
寄付した金額のうち2000円以上の部分は
所得税及び住民税の控除の対象となる

まとめてみると
ふるさとの納税すると
「お礼」がもらえて
納税額2,000円以上の部分の金額が
税金から引かれる

つまり
どうせ支払う税金なら
そのまま支払うよりも

「お礼」をもらったほうがお得!

ということになります。

—————

ふむふむ。

じゃ、どこでふるさと納税できるの?

<ふるさと納税はどこでするの?>

ふるさと納税できるのは
ふるさと納税ポータルサイトです。

・楽天ふるさと納税
・さとふる
・ふるさとチョイス

などなど
検索すると、たくさんあります。

その納税ポータルサイトから
「お礼」を吟味しながら
ふるさと納税の申し込みをします。

※「お礼」のない「寄付」ももちろんあります♪

では、ふるさと納税は
いったい何がお得なの?

<ふるさと納税は何がお得なの?>

ふるさと納税は2000円だけ自己負担(自腹)になります。

例えば30,000円をふるさと納税したとします。

この30,000円のうち
自腹分の2,000円を引いた28,000円が税額控除されます。

・確定申告する人は
所得税の控除額+住民税の控除額=28,000円

・確定申告しない人(会社員なと)
※ワンストップ特例により
住民税控除額=28,000円

ここでいう

所得税が控除されるのは、ふるさと納税した年度

住民税が控除されるのは、ふるさと納税した翌年度です。

どちらにしろ
2,000円以上の部分の28,000円は

これから支払うべき税金から引いてくれます。

ただし

あなたの
または、あなたの旦那さまの所得金額によって

全額控除されるふるさと納税の金額が変わってきます。

なので
自分がいくらまでなら
ふるさと納税した金額が
全額税額控除できるのかを把握しておく必要があります。

支払う税金以上の額を
ふるさと納税してしまっては
もったいないですよね。

あなたがお得にふるさと納税できる
マックスの金額を把握しておきましょう♪

ふるさと納税できるマックスの金額の目安はコチラから

<ワンストップ特例とは?>

先ほどの説明に出てた
「ワンストップ特例」

いったいどんなのか
意味がわからない?

これは
旦那さんが会社員などの方におススメの簡単な納税方法です。

自営業の方は
毎年、確定申告をしているので

そのとき一緒に
ふるさと納税についても確定申告できます。

確定申告しない会社員の方は
ワンストップ特例でふるさと納税による税額控除を受けます。

そのときは
「寄付金受領証明書」を保管しておいてね♪

ふるさと納税を
ふるさと納税ポータルサイトで行っただけでは
税金の控除が受けれないのですよ!

注意してくださいね☆

ではワンストップ特例についてご説明します。

①ふるさと納税を
ふるさと納税ポータルサイトで行う

※このとき「ワンストップ特例」を適用することを伝える
または「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄付した自治体に連絡して送ってもらう。

②ふるさと納税した自治体に
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と
マイナンバーのコピーなど必要書類と一緒に郵送する

※2018年に寄付したふるさと納税分については
2019年1月10日必着

③翌年の6月に決定する住民税から
ふるさと納税により控除される金額が引かれている。

<ワンストップ特例を受けるためには>

ワンストップ特例を受けるためには
3つの条件があります。

・確定申告を必要としない給与所得者であること

・1年間のふるさと納税した自治体が5か所以内であること

・ふるさと納税したら、必要書類をその自治体へ郵送していること

<まとめ>
さあ、これで
ふるさと納税のお話しはおわりです。

できそうかな?
やってみないとわからないことはあるけど

やってみると
意外と簡単です。

ふるさと納税で
「お礼」を選ぶのって楽しい♪♪

ふるさと納税ポータルサイトで
ふるさと納税を申し込んだら

会社員の方でワンストップ特例を選んだ人は

ふるさと納税した自治体に
書類を送り返すことを忘れずにね♪

ふるさと納税する

書類を郵送する

これだけ!!

今年こそはやってみようね☆
(^^)/

あ!
ちなみに我が家の旦那さまは
自営業なので

我が家のふるさと納税については
確定申告しています♪♪

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です