夏休みにぴったりな写真の残し方・カレンダー式

Sponsored Links

 

今日は夏休みにぴったりな
写真の残し方を紹介します♪

ザ・サマーーーー!!(^^)/

特に園児さんや小学生の
夏休みにぴったりです。

な~

ぜ~

な~

ら~~

夏休みはいつもよりも
お出かけが多くなる!!はず♪ だからです!!

 

園がスタートすると
親子ともにそれまでとは違う生活リズム。

だからこそ
久しぶりに長期間

ゆっくり過ごせる夏休みは特別!!

そう、特別なんです♪

だから、ついつい
お出かけも多くなりますよね~♪

そして
お出かけしたら
スマホで記念写真♪

お出かけしたら
スマホで記念写真♪

お出かけが増えると
もちろんその分、写真も撮りますよね♪

ということは・・・

夏休みの大量写真を
全部、L版でプリントアウトすると

アルバムにまとめるには
何ページも必要になりそう(汗)

あ!そうだ!
夏休みなんだから
「夏休み」を一つのまとまりとして見れたら、嬉しいよな♪

ということで

夏休みを一つのまとまりとして
アルバム作りしていくことにしました!!

せっかくだから
見開きで、カレンダー風にアルバムページを作っていこう!!

楽しかった思い出を
この「見開きの夏休み」の思い出のページに詰め込もう!!

まずは
2014年の夏休みからみていきますね~♪

<2014年>

はじめて
夏休みの写真をまとめてみたいと思った年。

まずは
見開きで曜日や日にちを白の台紙に
ペンで書き入れていき

そこから
分割プリントを活用して、写真をプリントアウト

※分割プリントをする4つの方法についてはコチラから→

台紙に合わせて
その日の写真を貼っていく。

写真が、各日のマスに入りきるように工夫しながら
写真を配置。

よく見ると
全ての日に写真があるわけではないです。
写真がない日もあるんですよね♪

写真がない日もある代わり
写真が横の日にはみ出てる日もあります。

全体のばらすを見ながら
コメントを足しながら仕上げていきます♪

そして最後は長男に
「夏休み」を書いてもらって、アルバムのページへIN!!

「その時」の字もさりげなく残す♪で

はい、完成!!

 

楽しい夏休みで
いろんなところへお出かけしたな~♪♪

子供たちと一緒に見返してワイワイ☆と
こんな時間もまたサイコーですよね♪

<2015年>

この年も
2014年と同様に見開きで作りましたが

2015年は
見開きの端から端までが
日曜日~土曜日の1週間。

先ほどの写真2014年は
片ページに月曜日~日曜日を配置しています。

これは
2015年の1日のマスを大きくする為です。

マスを大きくしたかったのは
写真自体を2014年よりも大きくしたかったから♪

ということで

2014年は8分割が多く

2015年は一回り大きい4分割の写真が多いです。

※分割プリントをする4つの方法についてはコチラから→

写真が大きくて見やすくなってるのが分かるかな♪♪

カレンダーの大きさや
使うペーパーや
1日のマスの大きさは

プリントアウトする写真の大きさや枚数で決めてね♪

ちなみに2015年は
分割プリントなどで余った写真は

こんな風に夏休みをひとくくりに
ページを作りました。

あと
オマケで2016年も紹介します♪

Sponsored Links

 

<2016年>

子供も大きくなってきて
親とばっかりお出かけする時期も過ぎ

お友達と遊ぶので
お出かけに行く機会が減ってきました。

なので、カレンダーにすると
写真がない日が多くなってくるので

2016年夏休みのお出かけした日を
1枚だけ貼って、コメントを残し

もちろん、これだけでは
写真の枚数もおさまらないので

去年と同様に

夏休みのひとくくりで
こんなページも作っています。

<まとめ>

こんなカレンダー式のアルバムページ
おもしろいかな♪

という思いで作ってみました。

1日1マスにすると
写真が入りきらないので

入り切らなった写真は集めて
夏休みのひとくくりで1ページにまとめてみるのもいいですよね☆

応用編で
お子さんが産まれてから1か月間
とか
生後100日を
同じように、カレンダー式にまとめてみてもステキですよね♪♪

親子でお出かけした想い出を
子供が見返したときに

そのときのことが分かりやすい
伝わりやすい方法で残していってみましょう♪♪

<おススメの関連記事>

・ポケットアルバムを可愛くするってどういうこと?カット編

・壁に写真を飾るときにぴったりの方法

・種類がたくさん!アルバム選びの第一歩

アルバム作りのコツは
たくさん持ってます♪

アルバム選びに困ったら
子供の写真整理に困ったら
いつでも声をかけてください♪

子供のアルバム作りについて
一緒に考えよう☆

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です